背景

STマイクロ社のレーザー距離センサVL53L0XをNode-REDで制御できるようにしたいと思い,調べた結果,既にそのようなノードが作られていましたので,その方法をここに記しておきます.

環境

  • OS: Raspbian Buster with desktop and recommended software February 2020
  • ハードウェア: Raspberry Pi zero WH (おそらく他のRaspberry Piでも大丈夫だと思われます)

設定

はじめに,GitHubに登録されているnode-red-contrib-vl53l0xからダウンロードしてきます.

vl53l0x01

 

コンパイルをする時,スーパーユーザでないとうまくいかなかったため,下記のようにスーパーユーザになります.

% sudo su -

次に,先ほどダウンロードしてきたmaster.zipファイルをスーパーユーザのホームディレクトリへ移動します.ここでは,master.zipがpiユーザのホームディレクトリにあることを前提にしています.

# mv ~pi/master.zip .

master.zipファイルを解凍します.

# unzip master.zip

解凍すると,node-red-contrib-vl53l0x-masterディレクトリができるはずです.このディレクトリに移動します.

# cd node-red-contrib-vl53l0x-master

移動したらコンパイルします.

# npm install

作られたノードをpiユーザが使えるようにするため,下記の場所へディレクトリをコピーします.

# cd ../
# cp -R node-red-contrib-vl53l0x-master/ ~pi/.node-red/node_modules/

最後にNode-REDを再起動します.

# node-red-restart
JSN Teki is designed by JoomlaShine.com