概要

ここではRaspbian 上にNetBeansをインストールする方法について書かれています.

背景

これまで慣れ親しんできたIDEであるeclipseがbasterからはインストールできなくなってしまいました.そこで新たにNetBeansをインストールしてJavaなどのプログラムを開発することとなりました.

環境

下記の環境でインストールを行いました.

  • OS: Raspbian Buster September 2019
  • NetBeans: Apache NetBeans 11 feature update 2 (NB 11.2)

手順

ここに示されている方法は下記サイトに書かれていたものを参考にしました.

How to install Netbeans on Raspbian OS

まずはダウンロードです.こちらにあるサイトへ行くと最新版のNetBeansをダウンロードできます.下の図は最新版をダウンロードするためのボタンを示しています.

image01

 

続いてダウンロードする対象を選びます.ここではLinux用のインストーラを選択しています.

image02

 

最後にダウンロード先URLを選びます.どこでもいいですが,ここでは本家から落としています.しるしのあるところを右クリックし,「Save Link As」を選択します.

image03

 

下の図はインストーラを保存している様子です.ここではホームディレクトリにダウンロードしています.

image04 

 

ダウンロードしましたら,インストーラを起動します.下記のように実行します.

$ sh Apache-NetBeans-11.2-bin-linux-x64.sh

 

インストールが開始されると下の図のようなダイアログが現れます.

image05

 

次にインストール後,アップデートをするか確認するダイアログが現れます.

image06

 

次にインストール先を指定します.

image08

 

ライセンスの確認をします.

image09

 

全てのインストールが終わると下のようになります.

image10

 

インストール終了後,NetBeansを起動します.画面左上にあるRaspberryPiのアイコン→プログラミング→NetBeans IDE 11.2を選択しますと下図のようにNetBeansが立ち上がります.

image11

 

以上でインストールは終わりです.

続いてJavaの開発環境を整えます.インストールしたままでは,NetBeansのデフォルトJDKが正しく設定されていません.そこで,Raspbian Busterにインストールされているopenjdk11を標準のJDKとして設定をしておきます.下にあるようにnetbeans.confを修正します.

$ cd netbeans-11.2/netbeans/etc
$ vi netbeans.conf

netbeans.confにあるnetbeans_jdkhomeが,デフォルトでは"/usr"になっています.これを次のように変えます.

netbeans_jdkhome="/usr/lib/jvm/java-11-openjdk-i386"

このようにして起動すると,デフォルトのJDKを11にしてくれます.

これで設定も終わりです.

JSN Teki is designed by JoomlaShine.com