iMACTでダウンロードできないとき

投稿者: 芦田和毅. Posted in FPGA/CPLD

下記の条件でダウンロードしようとしたとき,ダウンロードケーブルが認識されないときの対処方法をここには記します.

  • ISE Design Suite(多分WebPACKでも同じ) 14.7
  • iMACT 14.7
  • Windows 10
  • Digilent ダウンロードケーブル(Xilinxの純正ダウンロードケーブルでも同様と思われる)

ダウンロードできない原因は,windrvr6.infのバージョンのせいでした.iMACTでダウンロードするとき,はじめにダウンロードケーブルを検知しに行きます.そのとき,windrvr6が用いられるのですが,私の環境ではなぜかバージョンが12.0.0.0になってしまっていました.このバージョンを確認するには,iMACTでダウンロードするとき,Consoleに現れるメッセージで分かります.下のメッセージはその抜粋です.

Checking cable driver.
 Driver file xusb_emb.sys found.
 Driver version: src=1029, dest=1029.
 Driver windrvr6.sys version = 12.0.0.0. WinDriver (以下,省略)
 
このようになってしまった場合,下記のディレクトリにあるwindrvr6.sysが正しくないからであると考えられます.
C:\Windows\System32\drivers
 
このディレクトリにあるwindrvr6.sysをwindrvr6_org.sysなどとし,代わりに下記のディレクトリにあるwindrvr6.sysをコピーします.
C:\Xilinx\14.7\ISE_DS\ISE\bin\nt64
 
上記の操作をするとき,念のため,iMACTやISE Design Suiteを停止し,加えてコピー後にはWindowsの再起動をしてください.再起動後,iMACTを起動してダウンロードすると,Consoleには以下のようなメッセージが表示されるはずです.
Checking cable driver.
Driver file xusb_emb.sys found.
Driver version: src=1029, dest=1029.
Driver windrvr6.sys version = 10.2.1.0.(以下,省略)
 
このようになればダウンロードケーブルを認識するようになり,正しくダウンロードしてくれるものと思われます.