SHABE REVERSIの開発環境の構築

投稿者: 中嶋 景太. Posted in SHABE REVERSI

SHABE REVERSIにプログラムをダウンロードするためには,以下の2つのものが必要です.

  • USBシリアル変換モジュール
  • PCとUSBシリアル変換モジュールをつなぐUSBケーブル

まずSHABE REVERSIにプログラムを書き込むためには下図のようなUSBシリアル変換モジュールを用意する必要があります.SHABE REVERSIではFTDI社製FT232RLを用いたものを使用しています.これは秋月やAmazonなどで販売していますので購入してください.ピンヘッダがオスのもので,ピンの並びがDTR , RX , TX , VCC , CTS , GNDのものを用意するとよいでしょう.

FT232_1.png

 

次にPCとUSBシリアル変換モジュールをつなぐUSBケーブルを用意してください.USBシリアル変換モジュールによってはつなぐケーブルの端子が異なるので注意しましょう.先程示した画像のものであれば,USBシリアル変換モジュールの端子がUSBminiB(メス)なので,USB A(オス) - USBminiB(オス)のUSBケーブルを用意すればよいです。

さてUSBシリアル変換モジュールとケーブルが用意できたら,下図のSHABE REVERSIのピン配置を参考にしてUSBシリアル変換モジュールを接続してください. 注意:シリアル変換モジュールを接続している間は電池を外してください.

 

pinhead.png

接続した状態の一例を下図に示します.

 Connect.png

正しく接続できていればSHABE REVERSIの黄色LEDが点灯します.