SHABE REVERSIの開発環境の構築

投稿者: 中嶋 景太. Posted in SHABE REVERSI

2017年9月23日(土)に塩尻市にて行った出前授業で,教材であるSHABE REVERSIを自宅でも開発したいという要望がありました.本ページでは開発に必要となる環境構築の仕方を説明します.

※注意1: 本環境はWindows8.1,またはWindows10で動作確認しています.

※注意2:環境構築,開発は自己責任で行ってください.


SHABE REVERSIにプログラムをダウンロードするためには,以下の2つのものが必要です.

  • USBシリアル変換モジュール
  • PCとUSBシリアル変換モジュールをつなぐUSBケーブル

まずSHABE REVERSIにプログラムを書き込むためには下図のようなUSBシリアル変換モジュールを用意する必要があります.SHABE REVERSIではFTDI社製FT232RLを用いたものを使用しています.これは秋月やAmazonなどで販売していますので購入してください.ピンヘッダがオスのもので,ピンの並びがDTR , RX , TX , VCC , CTS , GNDのものを用意するとよいでしょう.

FT232_1.png

 

次にPCとUSBシリアル変換モジュールをつなぐUSBケーブルを用意してください.USBシリアル変換モジュールによってはつなぐケーブルの端子が異なるので注意しましょう.先程示した画像のものであれば,USBシリアル変換モジュールの端子がUSBminiB(メス)なので,USB A(オス) - USBminiB(オス)のUSBケーブルを用意すればよいです。

さてUSBシリアル変換モジュールとケーブルが用意できたら,下図のSHABE REVERSIのピン配置を参考にしてUSBシリアル変換モジュールを接続してください. 注意:シリアル変換モジュールを接続している間は電池を外してください.

 

pinhead.png

接続した状態の一例を下図に示します.

 Connect.png

正しく接続できていればSHABE REVERSIの黄色LEDが点灯します.


USBシリアル変換モジュールをSHABE REVERSIに接続したら、もう一方のUSB A(オス)端子をPCに接続しましょう.接続すると自動的にドライバのインストールが行われます.正しくインストールが終了した場合には下図に示すようにUSB Serial Portという名前で認識されるようになります.

device.png

 

シリアル変換モジュールの認識ができれば,USBシリアル変換モジュールについての設定は終了です.


SHABE REVERSIはArduino言語を用いているため,開発にはArduino IDEが必要です.Arduino IDEは以下のリンク先からダウンロードすることができます。

https://www.arduino.cc/en/Main/OldSoftwareReleases#previous

リンクを開いたら,下図のように 1.6.12 の Windowsと書かれているところをクリックしてください.

link1.png

 

下図のようにダウンロード画面がでます.寄付をするかどうか聞かれますので、寄付をする気がなければJUST DOWNLOADを押してください.Arduino IDE 1.6.12のダウンロードが始まります.

link2.png

 

ダウンロードが終わりましたら,zipファイルを解凍してください.解凍後,フォルダを開くと下図のようになっていると思います.これでインストールは終了です.早速,Arduino.exeをクリックしてArduinoを起動してみましょう.

do.png

 

下図のようにArduino IDE1.6.12が起動すれば正常に動作しています.

start1.png


SHABE REVERSIにはATMEGA1284というマイコンがついています.しかし,初期状態のArduino IDEではATMEGA1284に対応しておらず,開発を行なうことができません.ここではATMEGA1284に対応させる方法を説明します.

まずは下図のようにArduino IDEの環境設定をクリックしてください.

prefer1.png

 

下図のような画面が表示されますので,追加のボードマネージャのURLというところにhttps://mcudude.github.io/MightyCore/package_MCUdude_MightyCore_index.json と入力してください.入力が済んだら OK を押して環境設定のウィンドウを閉じてください.

prefer2.png

 

次に下図を参考にボードマネージャーをクリックしてください.

board1.png

 

ボードマネージャが開いたら,検索バーに mighty と入力し,MightyCoreのバージョン1.0.8をインストールしてください.

board2.png

 

インストールが完了したら,ツールタブを開き,下図の赤枠で囲まれた部分に従って設定を変更してください.

prefer.png

 

なおシリアルポートに関しては環境次第で変わってしまうので,USBシリアル変換モジュールのポートを設定してください.

port1.png

以上でATMEGA1284にArduino IDEが対応するようになりました. 

 


開発環境の構築は完了したので早速Arduinoのスケッチを開いてみましょう.下図を参考にファイルタブの 開く をクリックしてください.

start2.png

 

開く をクリックしたら,下図のように開きたいファイルを選択します.

start3.png

 

下図のようにファイルが開けます.

start4.png

 

これで環境構築,開発の準備は完了です.お疲れ様でした.新しい機能を追加してみたり,ゲームの動作を変更したりして遊んでみてください.なおコンパイルや書き込みの方法については授業で配布したテキストに載せてあるので省略します.


付録として出前授業で使ったソースコードを公開します.

 

塩尻市での出前授業

投稿者: 芦田和毅. Posted in SHABE REVERSI

9月23日,塩尻インキュベーションプラザにて,同教材を用いた出前授業を実施してきました.小学5年生から中学2年生までの児童もしくは生徒19人に対して3時間の授業を行いました.はじめに電子部品の役割を説明したのち,ソフトウェアに関する課題を全部で4つ課しました.変数と代入,関数,条件分岐について説明しつつ,少しずつリバーシを作っていきました.最後に,音声認識の辞書登録と使用方法について説明をして遊んでもらいました.タイピングを初めて行う児童から,プログラミングについてある程度慣れている生徒までを対象にしたため,説明するのに苦労しましたが,アンケートではよい評価を得られたようです.

DSC 0500